Q&A

資金計画・融資について

融資実行までの流れについて教えてください。

融資申し込み~実行はいくつかのステップを踏み、申し込み前には開業計画の作成や各種資料の準備などが必要になります。専門的な知識が必要になりますので、融資をお考えの方はぜひご相談ください。

融資実行までの流れ

  • 1. 開業計画書を作成し、融資希望額を決定する
  • 2. 融資元である金融機関を選定する
  • 3. 金融機関の融資担当者と面談し、必要書類を提出する
  • 4. 金融機関内の審査を受ける。融資額、期間、利率、据置期間などの条件を決定する。
  • 5. 審査通過後に融資が実行される。融資手続きと開業準備(機器購入や医院設計・施工など)と並行して行われるため、融資実行までの借り入れ資金が必要になる場合があります(つなぎ融資)。

開業準備のなかでいつ頃、どのぐらいの資金が必要なのかをスケジューリングする資金計画書の作成が必要です。弊社にご相談いただければ、開業計画・資金計画立案の段階からサポートさせていただきますので、ぜひご相談ください。

融資を受けるうえでのチェックポイントを教えてください。

金融機関は開業計画書の他に、担保対象となる不動産や保証人、自己資金、住宅ローン等の借入状況などを確認し、審査を行います。上記条件によって融資額や期間、金利(利率)などが決定され、条件がよいほどスムーズな借り入れが可能です。弊社では先生の立場にたって優位な状況で借り入れができるようアドバイスさせていただきますので、ぜひご相談ください。

借り入れ先はどこがありますか?

借り入れ先は主に以下の3つになります。先生のご要望や状況に応じて最適な借り入れ先をご提案させていただきますのでぜひご相談ください。

  • 1.日本政策金融公庫固定金利で借り入れる日本政策金融公庫は、金利上昇傾向の状況では有利かと思います。ただし、一定金額以上の融資の場合、基本的には担保か保証人が必要になります。詳細は日本政策金融公庫の窓口へ直接お問い合わせいただくか、弊社にご相談ください。
  • 2.民間の金融機関民間の金融機関は変動金利が一般的です。借入時の利息は上記の政策金融公庫より低くなりますが、将来的な金利情勢により変動するので、どちらが有利かはわかりません。近年は低金利傾向であるため、民間の金融機関を選ばれるケースが多くなっています。
  • 3.福祉医療機構福祉医療機構からの借り入れは、大規模な病院建築に際しての借り入れの場合に適用されます。手続き書類がかなり煩雑であり、より厳正な審査になります。

借り入れのサポートはどこまでしてもらえますか?

借り入れの諸手続きは基本的に先生にしていただいていますが、書類の取り寄せなどの手続きの段取りについては弊社がサポートさせていただきます。書類の記入時の不明点やご質問につきましては指導・助言させていただきますので、お気軽におたずねください。

初期費用を一部親から借りようと思っています。その場合、どのような形態を取れば贈与にはならないのでしょうか?

親子間のおける貸借という形態をとれば問題ありません。親子間で貸借契約書を取り交わし、あらかじめ定めた返済方法に従って返済していくことになります。返済期間や利率は、税務上問題のない範囲で設定します。これらの形態は贈与税の課税を受けないためには必要です。

ユニット・機器の購入・リースについて

リースと銀行借り入れの違いは何ですか?

リースと銀行借り入れには大きな違いはありませんが、銀行借り入れの返済期間はおおむね10~15年であるのに対し、リースは5~6年です。ですので、リースの場合開業当初の資金繰りはきつくなる可能性があります。リースして気に入らなければ返品・交換すればいいとお考えの先生もいらっしゃいますが、通常リースは期間満了までは契約が継続しますので、契約満了までリース料金を支払い続けなければいけません。

預金口座について

医院用の預金口座を開設したほうがいいですか?

医院用の専用口座は作っておいたほうがいいでしょう。口座名は医院名と個人名の両方が明記されたものにします。なお、個人名の口座(通帳)を医院用として使用することは問題ありません。

金融機関はいくつかに分けたほうがいいでしょうか?

経理上一番楽なのは一つにまとめて管理することです。融資の振り込みから診療報酬の入金まですべて管理することで、収支出が分かりやすくなります。

求人・採用活動について

求人広告はどのように出せばいいですか?

求人広告には、ハローワークや求人情報誌での広告、折り込みチラシ、医療系専門求人雑誌・Webサイトなどいくつかの方法があります。医院の立地や求めるスタッフの条件などによって、最適な求人方法は異なります。当社では最適な求人方法のご提案をさせていただきますのでご相談ください。

■ハローワークハローワークは無料で登録可能です。広くスタッフを求めたいという場合に有効です。

■求人情報誌求職者が目を通しやすい媒体で、インターネットでの検索も可能です。費用はエリアや範囲によって変わります。

■折込チラシ他の求人情報に埋もれてしまう可能性があり、高額な割には費用対効果は劣る印象です。開業の宣伝とあわせて行う場合にはメリットがあるかと思います。

■医療系専門求人雑誌・Webサイト条件を絞ることができ、希望の人材を獲得しやすくなります。ただし、雑誌掲載費やWebサイトの登録料にはそれなりに費用がかかります。

パート募集を考えていますが、保険などはどのような扱いになるのでしょうか?

労務関連の保険・年金の加入は以下になります。

  • 健康保険(医師国保):規定時間以上ならパートでも加入可能
  • 雇用保険:規定時間以上ならパートでも加入可能
  • 年金:個人事業ですので、各自で国民年金に加入

求人募集はどれくらいの範囲で行ったらいいですか?

通勤時間や通勤手当のことを念頭に置きながら募集するエリアを絞りましょう。目安としては車通勤で30分、公共交通機関利用で30~45分(乗り継ぎ含む)くらいの範囲になります。

面接の際に気を付けるべきことはありますか?

患者やスタッフと直接接する職業ですので、コミュニケーションスキルがもっとも重要になります。面接時の印象や前職の実績などをもとに評価しましょう。また、医療従事者の資格・技能については実際実務をしていくなかで習得していく部分もあるかと思いますので、こだわり過ぎないようにしましょう。10年以上のブランクがある場合は実務スキルにあまり期待しないほうがよいかと思います。

また、採用の可否のポイントは以下になります。

  • 複数人で面接し、それぞれの評価を参考にする
  • コミュニケーションがとれるか
  • お辞儀などの礼儀・態度も見る
  • 他のスタッフと上手くやっていけそうか
  • 収入?勤務時間など勤務条件が合っているか

社会保険について

常勤スタッフを雇用する場合、保険は医師国保に入ることになるのでしょうか?

社会保険の各規定は「常勤」と「パート」や、「月給制」と「時給制」などによって区分していません。週の労働時間や年収ベースで区分されます。先生が医師国保の場合、従業員も「准組合員」として医師国保に加入することができます。加入は、従業員の労働時間が医院の週の所定全労働時間の4分の3が基準です。

スタッフの賃金支払・給与計算について

研修中もスタッフに給与を支払うべきでしょうか?

はい、研修も労働の一部とみなされますので給与は発生します。給与の支払い額は、主に以下になります。

  1. 1. 開業後に支払う給与と同じ金額(職種によって差があり)
  2. 2. 開業後に支払う給与から何割かカットした金額(職種によって差があり)
  3. 3. 職種によって差を持たせず、全スタッフに同一賃金を支払う

給与の振込料手数料はこちらの負担になるのですか?

この振込手数料は医療機関側で負担しなければならないものです。対策としては、スタッフに振込先の金融機関、支店を医院のメインバンクに統一してもらい振込料負担を減らすことも可能です。

タイムレコーダーの使用を考えています。どのようなものを導入すればいいですか?

タイムレコーダーはさまざまな種類な物がありますが、医院開業にあたっては、最低限以下のような機能があればよいかと思います。

  1. 月間集計ができて、時間帯ごとに集計できるもので比較的安価なもの。
  2. パソコン上で集計設定・押し忘れ・押し間違え修正・端数調整ができるもの。

必要経費について

ちょっとした備品も必要経費として医院請求にしてよいのでしょうか?

医院用であれば些細なものでも必要経費として認められますので、医院での出金として処理していただけます。

領収書の名前はどのように記載してもらえばいいですか?
また、領収書の整理方法を教えてください。

領収書の名前は医院名が望ましいですが、個人開業医である場合、医院名でも個人名でも構いません。また、領収書の表に「誰と」「何の目的」により発生した出金であるのかを記入して整理しておきましょう。

医院の設計・竣工について

業者の選び方のポイントを教えてください。

以下の点を念頭に置いて、業者を選びましょう。

  1. 1.業者の実績・医院建築の施工件数
  2. 2.先輩、知人からの評判
  3. 3.金額の妥当性

竣工後、近隣への挨拶回りを考えていますが、どの範囲まで行えばいいでしょうか?

竣工時の挨拶回りは、隣接住民と町会長の5~7軒程度でいいでしょう。

内覧会を実施する予定です。どのように宣伝すればいいでしょうか?

折り込みチラシやポスティングなどをして、近隣エリアに集中的に宣伝活動を行いましょう。また、近年は、インターネットでの集客も効果がありますので、ホームページを作成して宣伝に使用するのもいいでしょう。

開業直前によくあるご質問

受付の釣り銭はどのように用意すればいいでしょうか?

医院規模や予測患者数によって異なりますが、おおむね以下のように準備するといいでしょう。

10円玉 50枚 500円
50円玉 10枚 500円
100円玉 50枚 5,000円
500円玉 8枚 4,000円
1000円札 30枚 30,000円
5000円札 2枚 10,000円
合計 50,000円

開業祝いのお返しはどのようにすればいいでしょうか?

決まりはありませんが、いただいたお祝いの金額の30~50%が妥当です。品物は、クッキー、紅茶、日本茶、あられセットといった一般的なお品でよいかと思います。

  • お電話でのお問い合わせ TEL:047-311-2215 受付時間9:00-18:00(土日祝日定休)
  • メールでのお問い合わせ歯科開業のご相談はお気軽にお問い合わせください。

    メールでのお問い合わせは24時間
    受け付けております。
    頂いた内容を確認し、担当者より
    ご連絡させていただきます。

  • 対応エリア対応エリア:東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城・栃木